診療案内

もの忘れ外来

認知症の方が対象の外来です。認知症の進行を遅らせる薬(抗認知症薬)の投与を行います。

もの忘れ外来

認知症の進行が中等度以下の患者様は、お薬の処方に加えて、ご希望の方は、併設のデイケアでリハビリテーションも平行して行います。リハビリテーションには、コグニサイズを含んでいます。コグニサイズとは、国立長寿医療研究センターが開発した運動と認知課題(計算やしりとりなど)を組み合わせた、認知症進行予防を目的としたプログラムです。コグニサイズでは、リズムに合わせた運動と認知課題の2つを同時に行うことで、脳の活動を活発にする機会を増やします。また、最近はフレイル(筋力低下を主とする身体能力の低下)と認知機能低下の関係が明らかとなっていることから、下半身の筋力アップによって、認知症の進行抑制を図ります。
併設のデイケアの送迎可能範囲は、春日井市の松原中学校区、柏原中学校区、鷹木中学校区、東部中学校区、南城中学校区、西部中学校区の一部、中部中学校区の一部と、小牧市の上末・下末・高根・桃ケ丘・古雅・城山・篠岡・光が丘です(一部となっている学区の方はお問い合わせください)。また、送迎可能範囲外でもご家族が送迎される場合は利用可能です。
また、デイケアの利用は希望しない、もしくは、デイケアの送迎範囲外の患者様で、月に2回以上の頻度で通院できる方は、クリニック内のトレーニングルームで簡易的なコグニサイズや下半身の筋力トレーニングを無料で受けることができます。

認知症予防外来

軽度認知障害の方が対象の外来です。

認知症予防外来

軽度認知障害とは、もの忘れはあるが、日常生活に支障がない状態です。
認知症の一歩手前の状態とも言えます。症状が軽いので、加齢に伴う通常のもの忘れと区別がつきにくく、ご家族や自分自身でさえも見過ごしてしまう場合がありますが、高齢者の4人に1人は軽度認知障害と推定されています。
うつ病と似た症状を呈するため、正確な診断が必要です。軽度認知障害の方は、年間で10~15%の方が認知症に移行すると言われており(厚生労働省)、軽度認知障害のうちに発見し、早期に対策を行うことで改善が見られたり、発症を遅らせられる可能性があります。
治療は、「もの忘れ外来」のところで説明がありますが、コグニサイズを含むリハビリテーションが中心となります。ご希望の方は、サプリメントも用います。このサプリメントは、日本認知症予防学会が科学的に認知症予防効果があると認証したものです。

診療機器

CT
CT
「当院では最新式の画像診断装置を導入しています。脳を輪切りにした画像だけでなく、縦切り、横切りにした画像も見ることができます。
TDAS
TDAS
認知機能を数値で可視化できるTDASを導入しています。患者様の負担を最小限にして、認知機能を測定します。
コグニバイク
コグニバイク
コグニバイクは、コグニサイズ(リズムに合わせた運動と認知課題の2つを同時に行うことで、脳の活動を活発にすること)のために、国立長寿医療センターが開発した、最新の「脳トレマシンです。